クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:200705


6時食前にお風呂を楽しむ人が多いみたいですが、
これは好ましくないみたいですよ。

ウエストがすいている状態では、
胃腸の血流が悪く、肉体が冷えています。
この状態で風呂に入ると…

皮膚の血管に大量の血液が流れ、
胃腸などの内臓は更に血流不足になり、
働きが鈍くなってしまいます。
この状態で6時食を取れば、胃腸は悲鳴をあげてしまうでしょう。

同じような理由で、
夕食後すぐの入浴も控えた方が良いと思います。

消化のために胃腸に集まっている血液が、
皮膚に集められてしまうので、
やはり、胃腸が悲鳴を上げてしまいます。

結局、食べる事に近いタイミングになってしまう6時風呂は、
肉体から見れば良いことではないんですよね。

よるに入浴できないなら、6時は湯船に浸からず
シャワーで済ませる方が、数段良いと思います。

シャワーの場合はなるべく短時間で、
熱めのお湯にするのが基本です。

寝起きの悪い人などは、
交感神経を刺激することで、
スッキリ目覚めることができるでしょう。

ぬるめのお湯で優雅に…は、
6時にはやめておきましょう。

ちなみに、
せっかくお湯で温められた肉体も、
そのまま薄着で冷えるところに長居してしまうと、
冷えすぎて湯冷めをしてしまいます。

湯冷めしにくくするには
お風呂から出る間際に、水を浴びることです。

なんだか不思議な気がしますよね。
それでは肉体が余計に冷えやすくなってしまうのではないか…
と思ってしまいますが、それが逆なのです。

温まった状態で水をかけられた肉体は、
びっくりして「自分の力で」温めようとします。
「自分の力で」温められた肉体は、
「お湯に」温められた肉体よりも冷えにくいんです。

昔の人の知恵って、すばらしいですね。

クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり