クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:191024


下戸のボクには、ビールの楽しみは全くわからない。

「ビールを飲まない人は、人生の半分を損している」
という言葉を聞いたことがあるが、
どんなふうに損をしているかも理解できない。

だから、74歳のお父さんが
フラフラで呂律が回っていなかった時は、
持病の高血圧が悪化して脳の血管に何か異変が起きたのかと、
あわてて病院に連れて行ってしまった。

お医者さまに、
「この方は、今とても気持ちがいいのです。寝かせておいてあげなさい」
といわれ、拍子抜けした。

でもフラフラになるまでビールを飲むのは、
からだに良いはずがないと思う。

それから、
ビールの害について調べたり、講演会に参加したりした。

すると、
ますます周りでビールを飲んでいる人が皆、
アルコール依存症に見えてきて…
晩酌をしているお父さんの横で
グダグダと文句をいう日々が始まった。

少しでもお父さんに元気がないと、
「ビールの害で健康を損なったんだ」と思い込み
「禁酒会に入って」とまでいいだす始末。

お父さんは怒って、
やらないといけない事はやっている。
人生の楽しみとしてビールを飲んでるんだ。
それに、少しぐらいしんどくたって病院は嫌だ。
肝臓の数値も正常だ。あれからは適量を守ってるだろうが!
放っておいてくれ…といった。

お父さんのからだが心配なあまり、
ボクは一人で突っ走りすぎていたようだ。

ただ、ここまでお父さんのビールに厳しく接したのには理由がある。
ボクの母親は膠原病という難病で、
3年間入退院を繰り返し、最後は管だらけになって15年前に亡くなった。
だから、お父さんにはできるかぎり、元気でいてほしい。

しかし、母親の闘病生活を間近で見てきたお父さんは、
自分は最後まで自然に生きていたいと思っているようだ。

クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり