クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:171223


メタボと言うと、
お腹周りの贅肉をとにかく減らしたいと
腹筋など頑張るという方もいらっしゃるようですが…

実はメタボ改善という観点から見ると、
腹筋はあまり意味がないようです。

と言うのも
腹筋をしてもお腹周りの筋肉が鍛えられるだけで、
脂肪燃焼にはつながらないんです。

もちろん腹筋を鍛えることでお腹を引き締め、
筋肉量が増えることで基礎代謝が上がる効果を期待することもできますが、
それよりも全身を使うジョギングなどの有酸素体操を行う方が
ダイエット効果という面からみると断然効果があるようです。

とはいえ
「効率の良いダイエット」という視点からみると、
腹筋などの無酸素体操も無視できないんですよね。

最近の研究によると…
有酸素体操を行う前に、
腕立てや腹筋などの無酸素体操を行うことで
より高いダイエット効果が得られることが分かってきたのです。

つまり、ジョギングに出かける前に、
腹筋を行うとより高いダイエット効果が得られると言うことです。

これなら
お腹引き締めと脂肪燃焼2つの効果を同時に得られることができ、
まさに効率の良いダイエットと言えるのではないでしょうか。

また楽しみながらダイエットを行いたいと言う方は、
スポーツジムなどに通うなど、
楽しみながら続けることができる環境を整えることも効果があります。

他にも一緒にダイエットを頑張る人を見つけることも効果的。
一人で黙々と歩く一時間は長くても、
誰かとおしゃべりしながら歩く一時間は
あっと言う間に過ぎてしまいますよ!

クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり