クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:170901


都会の真ん中で子育てする
カルガモ一家が最初に話題になったちょうどその頃、
わしは子育ての真っ只中だった。

当時、長女は幼稚園の年長組。
しかし、僅か五歳という若さで、
すでに彼女の下には、四歳、三歳、一歳のいもうと達と
生後間もないおとうと、合計四人がいた。

ところが五人の幼い子供がいながら、
母親であるわしは車の免許を持っていなかったので、
当然、長女の登園には下の四人の妹弟たちも
引き連れて行かなければならなかった。

そこで毎朝、わしは長男を背負い、
四女と三女をベビーカーに乗せると、長女と二女をベビーカーの両側に立たせ、
しっかりと手押しの棒を握らせ、
それからゆっくりとベビーカーを押し幼稚園に向かった。

大人の足なら十分もかからぬ距離であったが、
この状態での歩行では、
優に2~30分は掛かっていたように思う。

母親を中心に、幼い子供達がヨチヨチ、テクテク…
その光景はまさにニュースで放映されていた
カルガモ一家のお散歩風景さながらだった。

正直、自分の時間も無い程
忙しく育児に明け暮れていた時は、
一日も早くこの子供達から解放されたいと願うこともあった。

しかしあれから十年以上もの月日が流れ、
子供達も父母の手を必要としなくなった今、
その当時を振り返るとなぜか妙に懐かしく感じられる。

思えば、子供達に囲まれて過ごす毎日、
それは何と贅沢で幸せな時間であったか…
後になって悟るその恵み…
その価値の大きさ…

さて、子育てもいよいよ終盤戦。
これからわしは、未来に向かって羽ばたいていく
五人の子供達の後ろ姿を見守りながら
生きていく人生となるのだろう。
クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり