クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:150406


皆様、どーもっ!

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

実はですねー、今日からダイエットとなるものをはじめたいと
思っています。

なぜいきなり?ってカンジだけど、一週間ほど前…言われた一言。

これが思いっきり刺さりまして。


恋人にね・・・

後ろからいきなり
「なんか、背中、めっちゃ太ったじゃん!」って。

背中・・・大きくなっている→太ったってことでしょ?

2キロとか関係なく、背中が明らかに大きくなったって。

親の背中みて育て状態くらい、大きいらしい(笑)


とはいえ、背中は見れないわけで、かたも気になって
いるわけで・・・腰回しを始める!っていったら

なんとっ!!

ステップボーイとゼナドリンをプレゼント
していただきました。

そんなに大きいんだーとか思ったけど、おかげで神戸に
友達と買い物に行っても、目に入るものは「ダイエットグッズ」。

うまい棒(たこ焼き味)食べたいところを寒天ラーメンで
我慢しようかなーと一種のダイエット病になってしまいまして。

考えてみるより、やってみろ!で始めることになりました。


昔、夏に行ったバングラディシュ旅行。

あのころの体型に戻るべきダイエットをこれからしていきたいと
思っております。

休みも8時から、ちょっとウォーキングへ。

8時なんて、休みに起きていたことが、最近ないから
どうなるやらってカンジだけど。

とりあえず、妄想しつつ、それを実現していかないとね(笑)

今は、全然妄想の世界ですが・・・

とっぴんぱらりのぷう
クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり