クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:150115


太っている人には、ある共通点があるみたいです。
それは「からだを動かさない習慣」です。

自転車、自動車、エレベーター、エスカレーターなど、
便利な道具が増えました。
その便利さに甘んじて、ついつい頼りがちになり、
楽なほうへと偏ってしまう…

そして、気がつけば
「からだを動かさない習慣」が当たり前になっています。

人によっては、歩いていけるコンビニさえも、
バイクや自転車を使う人がいるというのですから驚きです。

減量がなかなか上手くいかないという人は、
太りやすい体質が原因なのではなく、
からだを動かさない生活習慣こそ、真の原因だと思います。

できるだけ動きたくないというだらしのない気持ちが、
如実に体形に表れているのでは?
かくいうオレもそうだったんですが…

減量をしているみなさんはいかがでしょうか?

便利な道具に囲まれている生活のため、
いつの間にか「からだを動かさない習慣」が
当たり前になっていませんか。

減量で
変えるべきなのは「食生活」だけではなく
「トレーニング習慣」もなんですよね。

あえて便利な道具は使わず、
積極的にからだを動かす習慣へと変えましょう!

例えば…
階段を使うのを当たり前にしてみましょう。
ひとつ上の階や下の階くらいであれば、階段を使うようにします。

買い物に行くときには
「自動車」ではなく「自転車」を使います。
そうすれば、からだを動かす機会が増えますね。

歩いていける距離であれば、
散歩をしながら買い物をするのを習慣にします。

「からだを動かさない習慣」を当たり前にするのではなく、
「からだを動かす習慣」を当たり前にしましょう!

クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
レーシックの種類によって適正が異なる
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
妊娠中や授乳時期のレーシック
エキシマレーザーを使用するレーシック
クリニックの環境でレーシックの失敗例
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今の時代は注目のレーシックで決まり